健康アップデートとは? 化粧品や健康食品記事への影響やYMYL・E-A-Tを意識したSEO対策もチェック!

健康アップデートを知っていますか?健康アップデートとは、Googleアルゴリズムのアップデートのことを指します。
健康アップデートの影響でアクセス数が激減したという人もいるのではないでしょうか?
対策・改善方法も紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい。

健康アップデートとは? 施行された時代背景もチェック


健康アップデートは2017年に実地されたGoogleアルゴリズムアップデートです。
そもそもGoogleアルゴリズムとは、何なのでしょうか?
Googleアルゴリズムは、ユーザーの役に立つ情報を効果的に表示するため、コンテンツに検索順位をつけて表示させる仕組みのことを指します。
SEOについて学んだことのある人は必ず聞いたことがあるはずです。

情報を検索した時に、最初に表示されるのが上位表示と呼ばれ、それ以降のページになればなるほど見てもらえる確率は下がっていきます。
Googleアルゴリズムに合致したコンテンツを作ることをSEO対策といい、ユーザーに見てもらえるか否かは、Googleアルゴリズムに合致しているかどうかで決まります。
Googleは、WEB上に存在する膨大なコンテンツに対し、SEO対策の有無などの複雑な条件を用いてランキングを導き出しています。
そして「健康にまつわるジャンルにおいてアルゴリズムのアップデートが行われた」ことを健康アップデートと呼びます。
具体的には「健康食品」「医療」「美容」「化粧品」などが健康ジャンルにあたります。

健康アップデートの目的は「命にかかわる情報を適切にユーザーに届ける」ことです。
その根本には、収益目当ての信頼性の低い情報が多く表示されていたという問題があります。
健康食品や化粧品、医薬品のジャンルは収益につなげやすいため、これまで多くのユーザーがSEO対策を施してアフィリエイト参入してきました。

その結果、信憑性の低い記事も多く上位表示されるようになり、誤った情報がユーザーに届けられてしまうという事態が起こりました。
以前までのSEO対策では、中身の妥当性は重視されておらず、検索上位に嘘の情報が出てしまうこともありました。
それを改善すべく健康アップデートが行われ、医療・健康系の検索順位が大きく変動します。
適切な情報を乗せていないと判断されたコンテンツの順位が下がり、アクセス数に大きな変動をもたらしました。

個人アフィリエイト、キュレーションサイト、コンテンツ量産型サイトの検索ランキングが下がり、病院や製薬会社のサイト、実店舗のあるサイト、株式会社により運用されているサイトなど、信頼度の高いコンテンツが上位表示されるようになったのです。
健康アップデートは約60%のコンテンツに影響を及ぼしたとされており、多くのアフィリエイターの収益に影響を及ぼしました。
収益目的で信頼度の低い情報を大量生産していたことが問題となって行われたアップデートなので、適切にアップグレードされたということになります。
信頼度の高いサイトが上位表示されるようになり、ユーザーはより快適に情報収集を行うことができるようになりました。

健康アップデートが健康食品記事に与えた影響は?


健康食品記事とは、ダイエットサプリや健康サプリ、スムージーなどの商品紹介を行う記事のことを指します。
健康食品を飲んだレビューや、複数の健康食品の比較など、専門的な知識がなくても挑戦しやすいことでアフィリエイターからの注目度も高いジャンルでした。
また、SEO対策としてキーワード選択がしやすいというメリットもあります。

例えば「痩せたい人必見」というタイトルからダイエット健康食品のアフィリエイトに繋げることは難しくなかったのです。
そのため、健康食品ジャンルにアフィリエイトで参入してくるユーザーが増え、広告収入目当ての信頼度の低い情報も多く表示されるようになりました。
その結果、健康食品に関する正しい情報を判断するのが難しくなったのです。

以前までのアルゴリズムであれば、情報量の多さやキーワードの多さが重視されていたため、中身の妥当性・正当性はそこまで重視されていませんでした。
むしろSEO対策がどれほど施されているかが重視されており、SEOに強いブロガーが健康食品ジャンルの収益を得やすい環境になっていたのです。

しかし、健康アップデートが行われたことでコンテンツの中身が重視されるようになり、ただ健康食品を紹介するだけでは検索上位に入り込めなくなりました。
その結果、キュレーションサイトや個人ブログの検索表示ランキングが低下し、医師や栄養士が監修した信頼度の高い健康食品記事が上位表示されるようになりました。
これはアフィリエイターなどブログで広告収入を得ていた人にとっては大きな打撃です。

健康アップデートは化粧品記事にも関係ある?


健康アップデートは化粧品記事にも影響を与えました。
化粧品記事は、スキンケア用品やコスメなどの化粧品を紹介する記事のことを指します。
健康食品と同じように、レビューや比較した情報をまとめるだけでも記事執筆が可能なため、初心者でも取り組みやすいジャンルです。
また、健康食品同様SEO対策としてキーワード選択がしやすいこともメリットでした。

化粧品記事は、ユーザーの悩みを解決する手段として商品を紹介する記事が多いです。
例えば「乾燥肌に悩んでいませんか?」という導入から「保湿乳液」の化粧品アフィリエイトへつなげるという内容があります。
悩みや化粧品の効果をもとにキーワードを選択しSEO対策を行うことで、初心者でも上位検索を狙いやすいジャンルでした。
健康アップデートが行われるまでは、化粧品記事はいかにユーザーの悩みにヒットする文章が書けるかが収益の鍵になっていました。

しかし、健康アップデートが行われたことでその状況が変わります。
化粧品のアピールよりも、化粧品を紹介している人の信頼度が問われるようになったのです。
その結果、企業や実店舗を持っている会社の記事が上位表示されやすくなりました。
健康食品と同様に、以前までのSEO対策を行っていた化粧品記事のコンテンツの表示が下がり、アフィリエイターに大きな打撃を与えました。
これまで通りのSEO対策を行うだけでは収益を見込むことが難しい中で、知っておかなければいけないのがYMYLとE-A-Tです。
ここからは、YMYLとE-A-Tについて解説していきます。

健康アップデート以降重要視されるYMYL・E-A-Tとは


・YMYLとは
YMYLは、Googleアルゴリズムガイドラインの1つです
Your Money or Your Lifeの頭文字をとった単語です。
日本語訳すると「人の経済や健康に影響を与えるコンテンツ」といった意味になります。
つまり、健康アップデートの根幹部分といえます。

Googleは「ニュース」「法律」「金融」「ショッピング」「健康」「人種」「その他」の大きく7ジャンルをYMYLに定めました。
YMYLに定められたジャンルは、人の生活に特に大きな影響を与える為、慎重に検索順位が決定されています。
つまり、YMYLに関わるページやコンテンツは、通常よりさらに高い品質が求められるということです。

具体的には「絶対に儲かる株式投資」や「今はいらないと損する保険」「絶対に痩せるダイエットサプリ」などの内容はYMYLコンテンツに該当します。
これらのジャンルに該当する者は、これまで通りのSEO対策だけでは上位表示されにくくなりました。
とはいえ、絶対に上位表示されないというわけではなく、YMYLとE-A-Tを考慮したSEO対策をとることで上位表示を狙うことができます。

次に、E-A-Tについて解説していきます。

・E-A-Tとは
E-A-Tとは、Google検索品質評価ガイドラインの1つです。
簡単にいうと、コンテンツがいかにユーザーの役に立つ適切な内容かを判断しているガイドラインということになります。
E-A-Tは専門性(Expertise)権威性(Authoritativeness)信頼性(Trustworthiness)のイニシャルをとった言葉です。
このE-A-Tを満たしたサイトは、信頼に値するサイトと判断され、上位表示されやすくなります。

専門家が書いた文章と、誰が書いたか分からない文章、どちらがE-A-Tを満たしているでしょうか?
また、素性が明らかな人が書いている文章と、匿名性の高い文章、どちらがE-A-Tを満たしているでしょうか?
すぐに専門家になることはできないかもしれませんが、誰が執筆しているのかを明らかにすることは簡単です。
とにかくユーザーに嘘のない、信頼度が少しでも高いコンテンツ作成を目指さなければいけません。

もしE-A-Tが重視されないままだったら、現在も複数の被リンクやキーワードを無理やり入れ込んだ悪質なWebサイトが未だに上位表示されていたかもしれません。
E-A-Tの基本はユーザーが信頼できる内容か否かです。
どれを信頼すればいいのか分からない利便性の低いWEBサイトを使いたい人はいないからです。
ユーザーの利便性を重視するGoogleの方針を理解して、E-A-Tへの配慮を欠かさないコンテンツ運営が必要です。
それでは、具体的にどのようなSEO対策が必要となるのでしょうか?
最後に紹介していきます。

健康アップデートの内容を意識して正しいSEO対策をしよう!


健康アップデートで重視されたのは「専門性」と「信頼性」の高さです。
この2つを満たすことで上位表示を目指すことが可能になります。

それでは、専門性・信頼性の高い記事とはどのような記事のことをいうのでしょうか?
それは「権威のある人が執筆・監修」しているものを指します。
つまり「専門性」「信頼性」「権威性」を満たしている(E-A-Tを満たしている)コンテンツが良いコンテンツというわけです。

それではどのようにして良いコンテンツを作ればいいのでしょうか?
一番簡単なのは、専門家と協力してコンテンツを作成することです。
すでに3つのポイントを満たしている専門家に協力してもらい、一緒にコンテンツ作成を行いましょう。
専門家と協力する際には「○○病院○○先生監修」などの文言をタイトルに入れるようにしてください。

例えば、健康食品について紹介したのであれば、栄養士の先生や資格を持っている人に協力してもらうなどが可能です。
また、自分自身のライターとしての専門性を高めることで、専門家の協力を得やすいポジションを確立していきましょう。
加えて、サイト上のコンテンツの量が多すぎる場合は、高品質な記事にコミットすることも大切です。
アクセス数が集まっていないコンテンツが多いと、サイト自体の評価が下がってしまいます。

またユーザーの利便性も下がるため、必要とされている情報だけをサイトにのせる「ユーザーファースト」の徹底が欠かせません。
Googleアルゴリズムの根本は「ユーザーに親切なサイト」です。
これは、YMYLやE-A-Tにも繋がっています。
ユーザー目線を徹底し、ユーザーファーストなコンテンツ作成を目指しましょう。

また、自分自身の得意・専門分野を確立することも重要です。
権威性のある資格を取得したり、実務経験を積んだりすることで、自分の専門分野を開拓していく努力が必要です。
黙っていればいつか検索順位が戻る、なんてことはあり得ません。

下がったものは努力しなければ戻らないのです。
専門家に頼る、サイト運営を一から見直す、自分の専門性を高めるなどの努力を行うことで、これからのSEO対策を行っていきましょう。
YMYLのジャンルはE-A-Tを満たしたSEO対策が必須というポイントを踏まえて、よりよいコンテンツ作成を行ってください。

最後に、YMYLジャンルのSEO対策が難しくなってきたことも事実で、記事アフィリエイト以外の方法で販促活動を行うことも検討すべきでしょう。
最近では、コスメなどはインスタグラムやTikTokのようなSNSでPRされることが増えてきています。インスタグラムはASPによってはアフィリエイトも可能ですので、
気になるひとが是非次の記事も読んでみてください。

デジタルマーケティングメディアを運営する【みんなでPR】では、SEO対策やコンテンツマーケティング、プロのデザイナーによるマーケティング資料作成代行まで幅広いサービスを提供しています。

■ アマチュアではない「プロ」のデザイナーによる媒体資料・ホワイトペーパー作成代行
■ インフルエンサーの投稿PRを活用した、自然で良質な被リンク獲得によるSEO向上施策の提案
■ ドメインパワーの小さいサービス初期から効果が出るロングテールSEOの実行支援
■ マーケティングKPIのトラッキングによるPDCAサイクルの実行アシスト
まで、クライアント様のニーズに合わせてオーダーメイドで提供しています。

デザイナー・ディレクターによるヒアリングは無料で実施させていただいておりますので、是非お気軽にご相談ください。

おすすめの記事