サテライトサイトとは?SEO効果のある作り方とペナルティ対象になりうる条件を解説

サテライトサイトとは、ユーザー獲得やSEO対策を目的として作成するサイトを指します。上手に活用すればSEO対策の効果が得られることもありますが、ペナルティ対象となり、検索順位が下がることもあるので注意が必要です。この記事では、効果を期待できるサテライトサイトの作り方について解説します。

サテライトサイトとは?


サテライトサイトとはメインサイトのSEO対策のために作成するサイトです。また、メインサイトのリンクを貼り、ユーザーをメインサイトへと導く役割も果たします。

なお、SEO対策にはサイト内で行う内部対策とサイト外で行う外部施策の2つがありますが、サテライトサイトは外部施策の一つです。SEO対策は内部対策と外部施策を並行して行っていくことで、より大きな効果を期待できます。

サテライトサイトの役割

メインサイトの検索順位を上げるという目的のために、サテライトサイトはさまざまな役割を果たします。主な役割としては、次の3つが挙げられるでしょう。

メインサイトの被リンクを増やす
メインサイトの認知を増やす
メインサイトのユーザーを獲得する

外部サイトに多くのリンクが貼られているサイトは、信頼性の高い役立つサイトとして検索順位が高くなることが多いです。サテライトサイトではメインサイトのリンクを貼り、メインサイトの信頼性向上と被リンク増加を目指します。

また、メインサイトへとつながる情報を紹介し、メインサイトを知らないユーザーの認知を獲得することもサテライトサイトの役割です。サテライトサイトの情報をもとにユーザーがメインサイトを閲覧すれば、メインサイトのユーザー増加にもつながります。有益な情報が多く掲載されているサイトだとユーザーが認識すれば、メインサイトで紹介している商品やサービスの売上増にもつながるでしょう。

サテライトサイトの効果

以前は、被リンクが多ければ多いほど検索順位が上昇したため、サテライトサイトを大量に作成する企業などもありました。しかし、現在ではサテライトサイトの信頼性や更新頻度なども考慮されるようになったため、サテライトサイトさえ作ればSEO対策になるわけではありません。

とはいえ、信頼できる情報を紹介し、定期的に更新している上質なサテライトサイトであれば、被リンクや流入経路の増加によりメインサイトの検索順位が上昇します。SEO対策としてサイトを作成するときは、品質にこだわり、ユーザーにとって有意義な情報を提供するように心がけましょう。

SEO効果のあるサテライトサイトの特徴


次の特徴を持つサテライトサイトは、SEO効果を期待できます。

メインサイトとは異なる独自のドメインを持つ
メインサイトと関連するテーマを扱う
サイト自体のクオリティが高く、ユーザーにとって有意義である

サテライトサイトのドメインがメインサイトと同じでは、別のサイトと認識されず、被リンクを増やすことはできません。別途ドメインを取得し、メインサイトとは異なるサイトとわかるようにしておくことが有用です。

また、メインサイトと全く異なるテーマでは、メインサイトへのリンクが不自然なものとなってしまいます。自然な形でメインサイトに誘導できるようなテーマを選びましょう。

サテライトサイトのクオリティも重要なポイントです。定期的にコンテンツを公開したり、最新情報に更新したりすることで、クオリティを向上させましょう。

ペナルティ対象となりうるサテライトサイトの特徴

Googleなどの検索エンジンでは、悪質と思われるサイトにはペナルティを科し、検索順位を下げることがあります。次の特徴があるサテライトサイトは、ペナルティの対象となることがあるので注意が必要です。

メインサイトの被リンクが不自然
メインサイトにつながるキーワードが不自然に盛り込まれている
情報量が少なすぎる
他のサテライトサイトと重複している内容が多い

いずれの特徴も、メインサイトの被リンクを増やすための不自然な行為であるという点が共通しています。そのため、SEO対策だけのためにサイトを作ると、検索エンジンから悪質と判断されやすくなるでしょう。

SEO対策に有効なサテライトサイトの作り方


SEO対策だけのためにサイトを作成すると、ペナルティの対象になることがあります。次のポイントに注意し、「SEO対策だけのサイト」と検索エンジンから判断されないようにしましょう。

存在意義のある有用なサイトにする
メインサイトとの関連性が高いサイトにする
IPアドレスを分散させる

それぞれについて解説します。

存在意義のある有用なサイトにする

サテライトサイトが存在意義のある有用なサイトであれば、SEO対策だけのサイトと判断されにくくなります。コンテンツにこだわり、ユーザーに役立つサイトに仕上げましょう。

メインサイトとの関連性が高いサイトにする

被リンクが不自然なときは、悪質と判断されることがあります。自然にリンクするためにも、メインサイトと関連性のあるテーマを扱いましょう。

IPアドレスを分散させる

ユーザーが認識するドメインだけでなく、コンピュータが読み込むIPアドレスもメインサイトとは別のものにしておきましょう。IPアドレスが被ると、メインサイトと同じサイトと認識されます。

ペナルティ対象にならないための3つの対策


サテライトサイトがペナルティの対象になると、メインサイトの検索順位が下がるだけでなく、検索結果として表示されなくなることもあります。このような事態を避けるためにも、次の3つの対策を実施しましょう。

高品質なコンテンツを作成する
サテライトサイトの更新を止めない
大量の被リンクや関連性の低い被リンクを貼らない

それぞれの対策を具体的に解説します。

1.高品質なコンテンツを作成する

サテライトサイトのコンテンツの品質が低いと、SEO対策だけのサイトと検索エンジンから判断されます。適切なタイトルや見出しの設定、クオリティの高い文章、内容の濃さなどにもこだわった高品質なコンテンツを作成するようにしましょう。

2.サテライトサイトの更新を止めない

定期的に更新していないサテライトサイトは、被リンク増加のためだけに作ったと検索エンジンから判断されることがあります。サテライトサイトの信頼性向上のためにも、定期的に更新し、最新情報を掲載するようにしましょう。

3.大量の被リンクや関連性の低い被リンクを貼らない

被リンクを増やすことを意識しすぎてしまうと、被リンクが多すぎたり、関連性の低い場所にも被リンクを貼ったりすることになりかねません。文章の流れに沿い、あくまでも自然な形で被リンクを貼るようにしましょう。

サテライトサイトの活用事例


サテライトサイトは、それ自体が有用で、なおかつ自然にメインサイトにつなげられるものであることが求められています。例えば、次のようなサテライトサイトであれば有用性が高く、自然にメインサイトにつなげることができるでしょう。

デジタルマーケティングメディアを運営する【みんなでPR】では、SEO対策やコンテンツマーケティング、プロのデザイナーによるマーケティング資料作成代行まで幅広いサービスを提供しています。

■ アマチュアではない「プロ」のデザイナーによる媒体資料・ホワイトペーパー作成代行
■ インフルエンサーの投稿PRを活用した、自然で良質な被リンク獲得によるSEO向上施策の提案
■ ドメインパワーの小さいサービス初期から効果が出るロングテールSEOの実行支援
■ マーケティングKPIのトラッキングによるPDCAサイクルの実行アシスト
まで、クライアント様のニーズに合わせてオーダーメイドで提供しています。

デザイナー・ディレクターによるヒアリングは無料で実施させていただいておりますので、是非お気軽にご相談ください。

おすすめの記事