[2022年最新版]楽天SEO対策の方法は? 楽天検索最適化の改善方法徹底解説!

楽天市場で店舗を運営している方であれば、「どうしたらもっと商品ページへの流入数が増えるだろうか」と常日頃悩まれているのではないかと思います。インフルエンサーマーケティングやコンテンツマーケティング支援事業を運営する弊社でも、クライアント様からECサイトを含めたSEO対策をご相談いただく機会が増えている一方で、楽天検索のSEO対策はGoogleのSEO対策とは異なるアプローチが重要であることが確認されています。そこで今回は、通常のSEO対策とは異なる、楽天SEOで重要なポイントについてまとめてみました。

楽天SEOとは?

SEOとは「検索エンジン最適化」を意味する言葉で、主にGoogleやYahoo!といった主要な検索エンジンのアルゴリズムに対して自社サイトのページの品質を高く評価してもらい、競合ページよりも相対的に上位表示してもらうための施策を行うことをSEO対策と呼びます。

しかし、ECモール大手の「楽天市場」におけるシステムはGoogleやYahooと同じ検索アルゴリズムを採用しているわけではなく、ECモールに特化した「楽天検索エンジン」を採用しているため、異なるSEO対策が必要となってきます。

そこで今回は、「楽天SEO」の対策方法を解説していきます。

楽天検索で有効とされるSEO対策手法は?

検索ニーズを満たすキーワードの選定

どのキーワードで検索流入を狙うかは、Google検索のSEO対策の基本中の基本ですが、それゆえにもっとも重要な施策と言えます。
楽天SEOに限らず、キーワード選定にあたっては、下記のようなポイントが重要となってきます。

検索ボリューム

これは、特定のキーワードが一定の期間(例えば、一か月)に何回ユーザーに検索されたかを表すものです。これが重要な理由としては、検索ボリュームが多いキーワードほどニーズがあると考えられるためで、同じ商品を説明するにしても複数のキーワードを比較検討した上で、より検索ボリュームが大きいキーワードを採用することがSEO対策で重要となってきます。

また、注意すべき点として、楽天SEOはGoogleでのSEOと違って、楽天市場内での検索ニーズを想定してキーワード設計を行う必要があります。例えば、Googleでは商品の使い方や洗濯方法、修理方法といった「お悩み解決系」のキーワードでの検索が多いですが、楽天では「商品名+サイズ」や「商品名+ターゲット(男の子)」などといった「商品の説明」系のキーワードでの検索比率が高いことが特徴として挙げられます。

競合の強さ

仮に検索ボリュームが大きく、楽天市場の検索ニーズとマッチしたキーワード(or 「水泳タオル 男の子」のような掛け合わせキーワード)が見つかった場合には、実際に楽天市場の検索画面で検索を行ってどのようなページが出てくるかを確認することがおすすめです。なぜなら、仮に販売したい商品を説明するキーワードの検索ボリュームが非常に大きい場合でも、競合となる店舗群の楽天SEOがあまりにも大きい場合には太刀打ちできないためです。多店舗の売上を確認することはできませんが、商品や店舗のレビュー数は販売数の参考になるので、競合群のレビュー数が自社のものとどれくらい差があるのか確認してみるのがよいでしょう。仮に、自社の方がレビュー数が多くついている場合には勝算ありと判断して、検討していたキーワードをSEO施策に組み込んでみることをおすすめします。

クーポンなどを活用してレビューを増やす

商品のレビューの数や質、店舗全体のレビューの質が楽天検索のSEOで非常に重要な要素とされているのは有名です。楽天としても、ほとんど販売実績のない店舗や商品はトラブルの原因となる可能性があるのであまり上位表示したくないという考えがあるものと思われます。

そこで、楽天検索でSEO対策をするのであれば、クーポンなどを活用して購入者にレビューを買いてもらうように働きかけるのがおすすめです。

広告を出稿して売り上げを伸ばす

楽天が公式に公開している情報ではありませんが、売上が高い商品は楽天検索で上位表示されやすくなると言われています。実際、「レビューが多い商品=多くの販売実績がある商品」であることは間違いないので、売上が高い商品を楽天が「信用のおける商品/出品者」と推定することは合理的であると言えるでしょう。

具体的に、楽天市場で利用できる広告メニューには次のようなものがあります。

検索連動型広告(RPP)

ただし、RPP広告の設定を行ったもののなかなか表示がされないという声もあるようです。
実際のところ、RPP広告は下記のような指標を基にして、優先的に広告を表示する商品を決定していると言われています。

- 当該商品の売上件数
- 当該商品の売上額
- 広告のCPC
- レビュー件数

言い換えれば、売上実績の多い信用できる商品(運営側の楽天市場目線では、楽天ユーザーに安心して購入してもらえる)や、CPCが高く設定されている商品(楽天が多くの広告収入が得られる)が優遇されるということでしょう。

広告を出稿し続けていればいつかは売上やレビューが伸びてくるものと考えられるものの、すぐに売上に結びついてほしいという場合には他の広告メニューを検討するか、他の施策と併せて広告出稿したい商品の売上・レビュー数アップを狙うのが良いでしょう。

効果保証型広告(楽天CPA広告)

楽天CPA広告とは、その名の通り、完全成果報酬型の広告メニューです。課金のされ方としてはアフィリエイトに近く、広告経由の売上高の20%に相当する額が請求されることとなります。費用対効果がはっきりとしている広告なので、粗利率が高い商品については特におすすめです。

また、あまり利益に結び付かなくとも、配送コストやオペレーションの人件費などを含めても損益分岐点より若干上であれば、中長期的なSEO対策にもなるので売上高およびレビュー数向上を目的に可能な限り広告を出稿することも検討するべきでしょう。

運用型クーポン広告(クーポンアドバンス広告)

クーポンアドバンス広告とは、嗜好にマッチした潜在ユーザーにクーポンを表示する広告です。
RPP広告のような成果報酬型の広告であり、クーポンのクリック(クーポン獲得)が行われるまでは、いくらユーザーに広告が表示されても課金はされないのが特徴です。

楽天ターゲティングディスプレイ広告

GDNやYDNといった一般的な「ディスプレイ広告」の楽天版広告メニューです。具体的には、店舗側が設定したセグメントにバナー広告を配信することができ、表示回数(インプレッション数)に応じて課金される仕組みとなります。

画像の改善により商品のクリック率を高める

クリック率(CTR)の改善は、GoogleのSEO対策でも重要度が高い施策として知られています。検索ユーザーに表示される回数が同じであればよりクリック率の高いページの方がアクセス数が大きくなることは当然ですが、表示するページの順番を決めるGoogleの検索アルゴリズムとしても、クリックされないページよりもクリックされやすいページを優遇して上位表示させることは当然と言えるでしょう。これについては、ユーザーの利便性の観点から、楽天も同じようにクリック率を重視している可能性は高そうです。

ただし、既に多くの商品が出品されている大規模なショップではすべての画像を手直しすることは手間がかかるので、例えば売上順で上位30商品のみを対象に画像を見直すのがよいでしょう。

楽天SEOと並行して楽天アフィリエイトもおすすめ

ここまで楽天SEOの手法について解説してきましたが、付け焼刃的に対策するのが難しいものが多いという印象を受けた方も多いのではないでしょうか?
実際、キーワード選定の最適化などを徹底した後は広告出稿などでひたすら売上を伸ばしていくことが重要になってきます。

しかし、店舗運営者によっては、広告出稿額を増やしていったがどんどんROASが悪化していったという声もあります。
そういった場合には上記の「楽天CPA広告」の利用のほかに楽天アフィリエイトを活用するのもおすすめです。

一般的なASPであれば、初期費用がかかったり、それなりの還元率(アフィリエイターに支払うマージン)を設定しないとなかなか紹介してもらえないケースもありますが、
楽天アフィリエイトの場合には2~4%程度の還元率で紹介してもらえるケースも多いようです。実際のところ、とある小売業のクライアント様は月間の売上の1/3程度が楽天アフィリエイトによるものだったにも関わらず、それに気づいていなかったそう。ポテンシャルは非常に高いと言えますね。

また、楽天アフィリエイトはインスタグラムアカウントでも使用可能です。楽天は最近SNSとの連携も強化しているので是非チェックしてみてください。

デジタルマーケティングメディアを運営する【みんなでPR】では、SEO対策やコンテンツマーケティング、プロのデザイナーによるマーケティング資料作成代行まで幅広いサービスを提供しています。

■ アマチュアではない「プロ」のデザイナーによる媒体資料・ホワイトペーパー作成代行
■ インフルエンサーの投稿PRを活用した、自然で良質な被リンク獲得によるSEO向上施策の提案
■ ドメインパワーの小さいサービス初期から効果が出るロングテールSEOの実行支援
■ マーケティングKPIのトラッキングによるPDCAサイクルの実行アシスト
まで、クライアント様のニーズに合わせてオーダーメイドで提供しています。

デザイナー・ディレクターによるヒアリングは無料で実施させていただいておりますので、是非お気軽にご相談ください。

おすすめの記事