サジェストキーワードの意味と活用方法!サイトのSEO対策にも有効

サジェストキーワードとは、検索窓に表示される選択候補キーワードを指します。サイトの検索ニーズを把握するために重要な要素で、無料で利用できるツールを使って調査可能です。サジェストキーワードの効果や調べ方、活用の際の注意点などをご紹介します。

サジェストキーワードとは?


サジェストキーワードとは、メインのキーワードと一緒に検索されることが多いキーワードのことです。検索窓に調べたい言葉を入力した際に、入力欄の下に表示されます。

表示中のサジェストキーワードをクリックすれば、そのまま指定のキーワードで検索を続けられる仕組みです。サジェストキーワードは、入力した言葉との関連度合いや検索ボリューム、ユーザーの位置情報によって選別されています。

調べたい言葉と関連した情報にすぐにアクセスできるため、効率的に情報収集をしたい場合にサジェストキーワードが有効です。

関連キーワードとの違いを理解することが大切

サジェストキーワードと混同されやすいのが、関連キーワードです。関連キーワードとは、ある言葉と関連性が高い、またはその言葉から連想されるキーワードを意味します。

関連キーワードは、サジェストキーワードと一部内容が重なることもあるでしょう。しかし、サジェストキーワードのようにユーザーの検索履歴やトレンドが反映されない点が異なります。

サジェストキーワードを使ってできること


サジェストキーワードは、コンテンツを作る際に次のような効果をもたらします。

ユーザーの検索ニーズを知れる
効果的なキーワードが選定できる
リライトの基準にできる

サジェストキーワードは、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツ作りに欠かせない要素です。各ポイントをしっかりと理解して、サジェストキーワードをコンテンツに上手く活用しましょう。

ユーザーの検索ニーズを知れる

サジェストキーワードには、ユーザーが頻繁に検索しているキーワードが表示されるため、ユーザーの検索ニーズを調査する目的で活用できます。ターゲットとなるキーワードに対して、ユーザーがどのような補足情報を求めているのかがサジェストキーワードに表れるのです。

例えば「ビジネスメール」と検索エンジンで入力すると、次のようなサジェストキーワードが表示されます。

ビジネスメール 書き出し
ビジネスメール 結び
ビジネスメール 英語
ビジネスメール お礼

つまり、ビジネスメールと検索するユーザーは、どうしたらマナーを守ったメールに仕上げられるか、シーン別での使い分け方、英語で書く場合の定型文はないか、などの意図を持って検索していることが伺えます。

コンテンツを作る際には、サジェストキーワードを参考にすることで、検索ニーズを満たしたコンテンツに仕上げられるでしょう。

効果的なキーワードが選定できる

サジェストキーワードを活用することで、ユーザーの検索ニーズに合ったキーワードを選定できます。一般的にコンテンツマーケティングでは、関連した内容のコンテンツを複数準備することで、ユーザーのあらゆるニーズに対応しサイトのファンを増やします。

先ほど例に挙げた「ビジネスメール」がメインキーワードであれば、サジェストキーワードを元に、以下のようなコンテンツがニーズを満たすと想定できるでしょう。

ビジネスメールの書き出しと結び一覧
英語ビジネスメールのテンプレート10選
お礼を伝えるビジネスメール例文

メインのキーワードを中心にコンテンツを増やしていきたい場合に役立つのが、サジェストキーワードです。ユーザーの関心が高い関連分野を把握できるため、軸がブレることなく情報に深みを持たせることができます。

リライトの基準にできる

サジェストキーワードは、リライトの際の基準としても活用できるのがポイントです。サジェストキーワードは、その時のトレンドによっても変化するという特徴をもっています。

つまり、サジェストキーワードを意識してコンテンツをリライトすれば、トレンドに沿った内容に仕上げることができるのです。既存のコンテンツに、注目が高まっているサジェストキーワードを追加することで、新たなターゲット層の検索流入を期待できるでしょう。

リライトのタイミングでこそ、サジェストキーワードを再チェックすることが重要です。

Googleサジェストの選定に影響を与える4つの要素


日本で圧倒的なユーザー数を誇る検索エンジンは、Googleです。そんなGoogleのサジェストキーワードの選定基準を知ることは、コンテンツ作りのヒントとなるでしょう。

Googleサジェストの選定に影響を与えるとされているのは、次の4つの要素です。

検索ボリューム
ユーザーの位置情報
検索急上昇ワード
ユーザーの検索履歴

各要素を詳しく解説します。

1.検索ボリューム

サジェストキーワードとして選定されるには、ある程度の検索ボリュームが必要です。基本的にはメインキーワードと一緒に検索されることが多いキーワードが、サジェストキーワードとして表示される仕組みです。

それまであまり検索数が多くなかったキーワードでも、トレンドの変化によって注目が高まり、多くのユーザーが情報を求めて検索をすることで、サジェストキーワードとして表示されるようになります。

Googleの場合は、Googleキーワードプランナーというツールを使えば、各検索クエリの検索ボリュームの調査が可能です。検索ニーズの確認に活用してみてください。

2.ユーザーの位置情報

ユーザーがどこから検索しているかも、サジェストキーワードの選定に影響を与えます。検索エンジンがIPやGPS情報を使って、ユーザーの位置を割り出し適切なサジェストキーワードを表示させる仕組みです。

例えば、立ち寄るカフェを探しているユーザーが「カフェ」と入力した際に、「カフェ 〇〇駅」や「カフェ △△(エリア名)」などユーザーの近隣の施設やエリアが示されます。特に飲食店や美容院など、店舗の位置が集客の重要な要素になる施設の場合は、エリア情報がサジェストキーワードに表示されやすくなるようです。

3.検索急上昇ワード

SNSやネットニュースなど、拡散力の大きいメディアによって急激に注目度が高まったキーワードも、サジェストキーワードに表示されるケースがあります。検索ボリュームとは違い、短期間での検索数増加のデータも加味して、関連性の高いキーワードに紐づけされる流れです。

Google Trendsというツールを使えば、Google検索エンジンでどのような言葉が検索数を増やしているかを知ることができます。アカウントを登録することなく無料で利用できるため、コンテンツ作りに利用してみるのもよいでしょう。

4.ユーザーの検索履歴

ユーザーの検索履歴によっても、表示されるサジェストキーワードの内容が異なります。パーソナライズ検索と呼ばれるこの機能は、ブラウザにキャッシュされているCookieのデータを利用して、ユーザーが検索したことのあるキーワードを表示させる仕組みです。

ただし、パーソナライズ機能は検索履歴だけを表示させるわけではありません。時には、事前登録している年齢や性別などのユーザー情報から、最適化したサジェストキーワードを示すケースもあるようです。

サジェストキーワードの選定に使える無料ツール5選


ユーザーの検索意図を知るために活用できるサジェストキーワードは、ツールを利用して簡単に調べることができます。今回ご紹介する5つのツールは、全て無料で利用できるためコンテンツ作りに活用してみてください。

Googleキーワードプランナー
ラッコキーワード
KOUHO.JP
Keyword Tool
OMUSUBI(おむすび)

各ツールの特徴をご紹介します。

1.Googleキーワードプランナー

サジェストキーワードの調査において、まず知っておきたいツールがGoogleキーワードプランナーです。サイトコンテンツに関連したキーワードが抽出できる他、検索ボリューム・予測データ確認が行えます。

ただし、Googleが広告出稿を目的に提供しているツールであるため、Google広告を利用していることがツール使用の前提条件です。

Google広告を出稿する予定がない場合もツール自体は利用できますが、詳細なデータ取得が制限されている点には注意しましょう。

2.ラッコキーワード

ラッコキーワードとは、ラッコ株式会社が運営しているサジェストキーワードツールです。Googleサジェストだけではなく楽天、Bing、Amazonなどの情報も抽出してくれます。

ラッコキーワードの強みは、サジェストキーワードの他にもさまざまなSEOツールが搭載されている点です。類義語検索やトレンドグラフ、上位サイトの見出し抽出など多くの機能が簡単に利用できます。

無料利用だと検索回数に制限があるため、必要に応じて有料プランを検討してみるのがよいでしょう。

3.KOUHO.JP

アイスタイル株式会社が提供しているサジェストキーワードツールが、KOUHO.JPです。多彩な情報源からキーワードを分析できるのが特徴で、参照サイトはGoogleサジェスト、Amazonサジェスト、楽天サジェスト、Bingサジェスト、Twitter共起語、はてな連想語、Yahoo!知恵袋などが挙げられます。

無料会員登録を済ませると、30件まで検索履歴を残すこともでき、使い勝手にもこだわりのあるツールです。

4.Keyword Tool

Keyword Toolは、海外で開発されたサジェストキーワードツールです。データの抽出量は申し分ないうえに、スピーディーな使用感を備えています。

サジェストの参照元はGoogleやYouTube、Bing、Amazon、Instaglam、Twitterなどで、他のツールでカバーしていないデータを広く含んでいるのが特徴です。世界的な企業でも採用されているため、安心して利用できるでしょう。

ただし、検索ボリュームに関しては無料プランで検索ができないため、他のツールを利用するか有料プランへの以降を検討する必要があります。

5.OMUSUBI(おむすび)

OMUSUBI(おむすび)は、サジェストキーワードをマインドマップ化できるツールです。サジェストキーワードを分かりやすく可視化してくれるため、企画の初期段階に方向性を決める際にも活躍するでしょう。

検出されるサジェストキーワードには、それぞれ関連キーワードまで紐づけされているため、一目見てユーザーの関心事を整理できるのが大きなメリットです。

サジェストキーワードの注意点


ユーザーの検索意図を知るために重要なサジェストキーワードですが、コンテンツ作りに活用する際には次の2つのポイントに注意しましょう。

検索ニーズの全ては網羅できていない
サジェスト汚染には適切な対処が必要

注意点を知ることで、効果的にサジェストキーワードを活用できるようになります。

検索ニーズの全ては網羅できていない

サジェストキーワードは実際にユーザーが多く検索しているキーワードが含まれるため、検索意図を知るために有効です。しかし、サジェストキーワードが検索ニーズを網羅していると考えてしまうのは適切ではありません。

かつては、サジェストキーワードの内容をまとめたコンテンツが評価されることもありましたが、Googleのアルゴリズムは発達を続けており、現在では網羅性の高いコンテンツが上位表示されるようになっています。

ユーザーが求める全ての情報が得られるようなコンテンツを作るには、サジェストキーワードだけではなく、実際にヒアリングを行ったりする努力も必要です。

サジェスト汚染には適切な対処が必要

サジェストキーワードに関連して特に注意が必要なのが、サジェスト汚染です。サジェスト汚染とは、ネット上の誹謗中傷行為の1つで、特定の企業や個人の評価を下げるようなサジェストを表示させる行為を指します。

社会的にマイナスイメージを与えてしまうだけではなく、消したいサジェストがすぐに消去できるわけではないため、落ち着いた対処が必要です。代表的な検索エンジンであるGoogleやYahoo!の場合は、ポリシー違反のサジェストに対して削除リクエストや情報提供を行えます。

定期的にサジェストの内容をチェックして、早期に対処ができる体制を整えておくようにしましょう。

デジタルマーケティングメディアを運営する【みんなでPR】では、SEO対策やコンテンツマーケティング、プロのデザイナーによるマーケティング資料作成代行まで幅広いサービスを提供しています。

■ アマチュアではない「プロ」のデザイナーによる媒体資料・ホワイトペーパー作成代行
■ インフルエンサーの投稿PRを活用した、自然で良質な被リンク獲得によるSEO向上施策の提案
■ ドメインパワーの小さいサービス初期から効果が出るロングテールSEOの実行支援
■ マーケティングKPIのトラッキングによるPDCAサイクルの実行アシスト
まで、クライアント様のニーズに合わせてオーダーメイドで提供しています。

デザイナー・ディレクターによるヒアリングは無料で実施させていただいておりますので、是非お気軽にご相談ください。

おすすめの記事