化粧品のSNSマーケティングの成功事例は?面白いキャンペーンも調査!

化粧品のSNSマーケティングをしてみたいけれど、実際のところ上手くいくのか気になったことはありませんか?今数々の化粧品メーカーがSNSに進出して、マーケティング市場を拡大しています。そこで、SNSマーケティングの成功事例を交えてみんなでPR編集部が調査をしてみました。過去のSNSを利用した化粧品会社の面白いキャンペーンもご紹介します。まだSNSマーケティングをするか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

化粧品のSNSマーケティングの成功事例は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

化粧品のSNSマーケティングが今注目されていますが、実際に成功した事例が気になる方も多いのではないでしょうか。そこで、化粧品のSNSマーケティングについて調査をしてみました。

まず近年の傾向として、化粧品を購入する際にSNSを参考にする人が増えています。SNSの影響力は大きく、1つの信頼できる情報源として見なされるようになりました。さらに、化粧品を購入する際に口コミを確認してから購入する人が増加していて、口コミが常識となりつつあるのが現状です。

実際に使用した人のリアルな口コミから評判が良さそうであれば、購入してみたいと思いますよね。また化粧品のマーケティング方法として、実際に使用した感想をSNSに投稿することにより、消費者にとってより商品を身近なものとして感じることができるでしょう。

さらにインフルエンサーからの化粧品のPRの投稿は特に影響力が大きく、多数のフォロワーにPR情報を拡散することができます。中には化粧品を専門としているインフルエンサーも。化粧品専門のインフルエンサーのファンは多く、投稿内で紹介をした商品の売れ行きがアップすることもあります。

このようなケースは、SNSマーケティングの成功事例として挙げられるでしょう。今SNSの特性を活かした化粧品のSNSマーケティング市場は、拡大しています。

実際に化粧品のSNSマーケティングの成功事例として有名なものと言えば、プレミアアンチエイジング株式会社の「DUO」です。DUOというクレンジングバームは、インスタグラムを始めとしたSNSを利用して知名度を上げることに成功しています。

多数のインフルエンサーが実際の商品の画像や口コミをSNSに投稿しているため、フォロワーへの露出回数が多い点も、SNSマーケティングに成功した理由の一つとして考えられます。ドラッグストアを始めとした日用品店で購入することができますが、SNSのPR投稿のリンクから簡単且つお得に定期購入ができる面白い仕組みも、DUOがSNSマーケティングの成功事例となった理由の一つです。

このように、化粧品のSNSマーケティングは化粧品を販売するための重要なツールの一つとなりつつあります。成功事例も多く、今後もさらにマーケティング市場が拡大するかもしれません。

おすすめ記事

化粧品のPR代行をお願いする場合に気をつけることは何?


成功事例も多く、さっそくPR代行を依頼してみたいと考える企業も多いのではないでしょうか。そこで、PR代行を依頼する際に気をつけることを調査してみました。
まず化粧品ならではの注意点として挙げられる薬機法です。薬機法に違反してしまうと、広告に関わるあらゆる人たちが違反していることになってしまいます。

薬機法の表示規制は厳しく、PR投稿をする人が薬機法を理解していることが重要です。化粧品のPRの経験があり、薬機法を理解しているインフルエンサーであれば、違反の可能性は低いかもしれませんが、よく理解していないようであれば事前に、そして十分に説明しておいた方が良いでしょう。

またInstagramでのPRをする場合は利用規約にも注意が必要です。Instagramの利用規約には、「いいね!やフォロー、コメントを含むやり取りの見返りに、金銭や金券などのプレゼントを申し出たりしたいでください。」との記載があります。キャンペーン内容が化粧品をプレゼントやアンバサダーに認定などであれば、特に問題は起きないでしょう。

しかしキャンペーンの内容によっては、この規約に引っかかるように受け取られてしまう可能性があります。また、PR投稿の内容もこの規約に反する内容や、誤解されてしまうような文章を投稿した場合は、違反になってしまうので、表記の仕方には注意が必要です。利用規約は変更されることがあるので、トラブルを避けるためにもこまめに確認をしましょう。

また複数のインフルエンサーを起用したい場合、見つけて依頼をする作業は時間も手間もかかり大変ですよね。そこで、インフルエンサーと企業を結びつける、インフルエンサーマーケティングサービスを利用すると便利です。「みんなでPR」では、Instagram、YouTube、TikTokなどのSNSインフルエンサーを企業に紹介するサービスを提供しています。

どのSNS媒体を利用するかまだ決まっていなくても、気軽に相談することができます。またインフルエンサーは事前に審査を通した上で登録しているので、より安心してPR案件を依頼することが可能です。実際に企業はみんなでPRのスタッフと相談した上での依頼になるので、理想のPRを実現できるチャンスがあります。

2000人以上のインフルエンサーネットワークを保有しているので、PR案件の成功事例も多く、SNSマーケティングを円滑に進めてくれるサービスです。気になる方はZoomで無料相談もしているので、まずは利用してみることをおすすめします。

化粧品の面白いキャンペーン・評判が良かったものはこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

化粧品のSNSマーケティングを始める前に、過去に面白いキャンペーンをして評判の良かった会社の成功事例を確認してみましょう。これからSNSマーケティングを始めるためのヒントや、参考になる成功事例も多数あります。

まず面白いと話題になったキャンペーンはCANMAKE(キャンメイク)です。キャンメイクはInstagramを利用したキャンペーンを実施しました。内容はハッシュタグで「#CANMAKEダンス」を付けて、CMでおなじみのダンスを踊っている動画をInstagramかTwitterに投稿するといった内容のキャンペーン。

抽選で30名にキャンメイクの新商品をプレゼントするといった内容だったようです。ただハッシュタグをつけて広めるよりも、ダンス動画を投稿する点が、他にはなく面白いですよね。手間がかかる分投稿数は少なくなりますが、一つ一つのダンス動画の投稿にインパクトがあるキャンペーンでした。

RIMMEL(リンメル)のキャンペーンも面白いと話題になった成功事例の一つです。イエローティントリップの発売記念に行われたキャンペーンで、ハッシュタグと併せて、黄色いものが写った画像をInstagramに投稿すると抽選で120名にリンメルの新アイテムが当たるといった内容でした。商品に因んで黄色い画像を投稿すると、一捻りしたアイディアが面白いですよね。あまりわざとらしいPRではなく、自然に商品の認知度を上げた点も評価の高いポイントです。

KOSE(コーセー)もInstagramやTwitterを利用した面白いキャンペーンを行いました。マニキュアのPRだったのですが、好きなデザインを選んで、SNSに投稿する、ユーザーに投票をしてもらうスタイルのPRキャンペーンです。投票結果の中で一番人気なデザインを選んだ人の中から抽選でマニキュアをプレゼントするといった内容でした。SNSを利用して投票してもらうことにより、ニーズを調べることもできるので、面白いキャンペーンですよね。

このように、化粧品会社はそれぞれ工夫を凝らして、面白いキャンペーンを開催してPRをしています。数々の成功事例があるので、アイディア次第で面白いと話題になるPRをすることができるかもしれません。今情報ツールとして主流になったSNSを利用して、マーケティングを始めてみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの記事

おすすめの記事